賃貸経営

独学で宅建に合格できる?3ヶ月で資格ゲットした高卒主婦の意見と勉強法

宅建試験の独学

公務員ではないけれど、手堅く安定感があるイメージの宅地建物取引士。

不動産業者は、宅地建物取引士の有資格者を各事務所で5人に1人以上、設置義務するがあります。

また、宅地建物取引士の最も重要な仕事と言われる不動産の「重要事項説明」は人間臭いあれこれが絡んでくるため、今後のAI時代にもなんだかんだ食いっぱぐれなさそう。

かっしー
かっしー
よくさ、契約のときだけ今まで担当してくれた営業のお兄さんがスッと消えて、有資格者のベテランっぽいおじさんが出てくるんだよね!

このような理由からまだまだ人気の資格、宅建!

独学でも取得できるのか?合格率は?そして私かっしーがどんな勉強をして合格したかなどをお話しします。

宅建試験の難易度・合格率

合格率

宅建試験の合格率は約15~17%です。

よく「宅建の試験は難しい」と言われますが、難関とされる司法書士試験の合格率はなんと約4%。

気象予報士も約4%、公認会計士は約10%なので、国家資格の中では割と難しくはない方なんです。

何年も試験に落ちている人もいるけど、あれはすでに不動産業者勤務で、会社に「宅建の資格とってこ〜い!」みたいに言われた人が大半だと思います。

しかも、たぶんあんまり勉強してないw

ちなみに相対評価という採点方式をとっていて、試験の受験者内での成績を比較し評価するスタイル。

「○点取ったら合格!」みたいなラインはありません。

合格の目安は、50点満点中の35点前後。約70%以上の正答率となります。

宅建試験は受験資格がないのもいところ。年齢も学歴も国籍もなんでもオッケー!

かっしー
かっしー
不正受験とかした過去があったらさすがにしばらく受験できないらしいけど〜

宅地建物取引士の有資格者の平均給与はというと、400万円〜500万円と言われています。

新入社員の場合は300万円台が多いですが、経験・実績重視なところがあるので営業成績によってはそこそこに伸ばせるかもというドリームも。

かっしー
かっしー
そんなにパっとした年収じゃないけどやっぱり手堅い…

勉強時間の目安

合格する勉強時間

宅建の資格取得講座のサイトでは、どこも「合格するための勉強時間の目安は300時間くらい」と書いてあります。

が、こんなのは個人差によるのでなんとも言えないのでは…

超頭いい人は300時間もいらないかもだけど、300時間じゃ合格しない人も多いはず。

予備知識の有無でもだいぶ変わってくるので、後述の「独学に向いている人」も300時間はかからないのでは。

独学で試験に受かるのか?

独学で合格

それではいよいよ本題。

「独学でも宅建の試験に合格することができるのか?」論争に終止符を打つべく、実際に試験に合格した私かっしーが意見を述べたいと思います。

結論から言うと、できるんじゃない?

・・・

いやいや、そんなにあまくないよ!口で言うほど簡単じゃないし!と思いました?

けれど、Twitter界では「1ヶ月で合格した」という猛者がゴロゴロいるんです。

そんな人がたくさんいるんだから、独学で試験に合格することも簡単でしょう。

かっしー
かっしー
宅建合格してすごいって言われてちょっと浮かれてた私も一瞬で凹みました。

独学が向いている人

しかし、これを読んで「私も独学でいこ!」と簡単に思ってはいけません。

残念ながら、独学に向いている人とそうじゃない人がいます。

独学に向いている人はこちら。

その1、すでに法律や不動産関係の資格を持っている人
その2、不動産業に従事している人
その3、自分で自分を管理できる人

その1、その2は言わずもがな。

すでに知識を持っているのでかなり有利だし、勉強する範囲も少なくすむので学校に通う必要性が低いですね。

でも1番大事なのはその3!

独学をするなら自分で勉強のスケジュール範囲を決めて、自分でモチベーションを保ち続けなくてはいけません。

独学するメリット

独学の最大のメリットは何と言ってもお金がかからないこと!

本を買うだけなので1万円もあれば十分です。

それじゃあ通学するメリットはというとこちら。

・勉強の配分とかある程度は学校が考えてくれる
・先生に質問できる
・過去問の対策がばっちり
・周囲の人と比較できるからやる気が出る

先生に質問できるのは助かりますよね〜。モチベーションも学校と環境によって保ちやすいし。

デメリットはやっぱり学費が高額なこと。

通学する回数にもよりますが、 授業料の相場は10万円〜20万円。

資格学校の大手、LEC東京リーガルマインドのパーフェクト合格フルコース(全58回)は148,500円です。

時間とお金があるなら学校に通学するのもおすすめ。

かっしーは通信講座を利用

私は2018年の宅建試験を受験して合格しました。たしか37点で超ギリギリ!

かっしー
かっしー
本当に合格したよ、嘘じゃないよ。
通信講座で合格

どどーん!

ネットを見ていると「本当に合格したのかよコイツ!」と疑いの眼差しを向けられている人がたまにいるので、いちおう合格証書と宅地建物取引士証をお見せしました。

私の最終学歴は埼玉県で中央値の高校卒、英検も漢字検定も3級、持っている国家資格は普通自動車運転免許。

つまり!特別頭が良くなくても試験に合格できるというわけです。

本当に3ヶ月で合格できた

それでは私はどのように勉強したかと言うと、通信講座です。

2018年の7月も終わろうとしているころ、KOBOから「不動産業やりたいなぁ…資格とって!」となんとも軽〜いノリで言われ、【3ヶ月で合格できる】と書いてあったフォーサイトに急いで申し込み。

教材が届いたときには3ヶ月をきっていたので、大慌てで勉強をスタートしました。

かっしー
かっしー
このとき、かなり神経をすり減らす感じの大きな仕事をしているときだったので、まじで死ぬかと思いました。生きてるけど。

それでは8月から10月末までの約3ヶ月間、どんな風に勉強をしたか具体的に紹介していきます。

実践した勉強方法

もちろんフォーサイトの教材をフル活用。

届いた教材はこんな内容でした。

・DVD
・問題集
・テキスト
・暗記カード
・過去問(後から送られてきた)
・やる気を出すメッセージ入りのポスター
・読み物とかノートとか文房具とか

テキストの量が多かったので、まずは大まかに勉強のスケジュールを立てました。

【1ヶ月半くらいで宅建業法から権利関係などを頭に入れる→問題を解きまくる・苦手なところに注力する→残りの時間で全体のおさらい・過去問をやる】

最初はひたすらDVDを見ながらテキストを読みました。

DVDの講師の方が重要なポイントを教えてくれるので、学校での授業のようにマーカーで線を引きまくり。

試験まで時間がなかったから、1.5倍速再生で聞いてざっと内容を把握する感じでした。

かっしー
かっしー
講師の窪田さんの座右の銘は「あいつは天才?実は努力家!」だって。

そしてテキストの内容をまとめてノートにとっていきました。重要なところだらけじゃん。

宅建の学習方法

内容が難しくて1回聞いただけじゃ分からないところが多々あったのですが、ノートに書いているうちにきちんと理解して覚えられたのでおすすめ。カンペつくってるうちに覚える的なね。

そしたら次は問題集に挑戦をする。

1章ごとにこのサイクルを繰り返し、ときどきすでに勉強した範囲のテキストの流し読みも。

テキストとDVDをすべて見終わったら、問題集の間違えたところに再挑戦。計算問題や暗記系の勉強にも力を入れ始めました。

かっしー
かっしー
業者がもらえる報酬額の計算問題が出るんだけど、電卓は使っちゃいけないんだよ!数学がすごーく苦手だから苦戦しました…

テキストの勉強の後に重宝したのが暗記カード!

表は問題が書いてあって、めくったら裏側に答えがあるやつ。

家事育児仕事の合間にサクッと使えてかなり助けられました。

もう1つ便利だったのが、道場破り!

スマホのアプリやインターネットで利用できるゲーム感覚の問題集です。

教科ごとに問題が出るので「宅建業法は大丈夫そうだけど、建築基準法のところは間違いが多いな…」と自分の不得意な分野も一目瞭然。

苦手なところのテキストを集中的に読み込みました。

いよいよ秋ごろにフォーサイトから送られて来た過去問に挑戦。

かっしー
かっしー
実は過去問の存在を忘れてて試験1週間前くらいにやりました。そのときは33点だったので、やばい落ちる!ってかなり焦ったw

あとはひたすら自作のまとめノートを読む・道場破りと暗記カードをやる、を繰り返しました。

ここまで読んでみなさんお気づきかと思いますが、そうなんです。

特別な勉強法でもなんでもありませんw

「読む・覚える・理解する・問題を解く」それだけ!むしろ古典的?

やっぱり通信講座でも大事なのは独学の場合と同じ、自分でモチベーションを保って勉強を続けることではないでしょうか。

かっしー
かっしー
そう、私は自律ができる女。

私は日によるけれど毎日2時間を目標に、休日はプラスアルファでもっと勉強していたから、300時間近くは勉強してたのかな〜と思います。

朝早く起きて勉強、あとは移動時間や昼食の時間などをフル活用しつつ、息切れしないようにリラックスタイム(晩酌)もしっかり確保していました。

KOBOには「毎晩ビール飲んでたしそんなに勉強しないで楽して受かった」みたいに思われて心外でしたがw

社会人や主婦の方はなかなか勉強だけに時間をゆっくり使えないと思いますが、根を詰めすぎずに頑張って下さいね!

通信講座(フォーサイト)の良かったところ

通信講座の教材

フォーサイトの良かったところは、やっぱり使いやすい教材。

アプリは市販されていないので、さまざまな教材の中でもいちおしのツールですね。

しかも道場破り内の質問箱から、回数に制限はあるものの講師に無料で質問ができます。

1人で勉強していると行き詰まることもあるので、こうゆうサポートはありがたい。

あとは「再現問題集」で試験問題の雰囲気をつかめたのと、「統計資料・問題」の内容がバッチリ出たので助かりました。

会社の情報力を生かし、的確に再現した模試をつくることができるのも大手の会社のいいところですね。

私が利用したコースは【宅建・宅地建物取引士通信講座 DVDコース バリューセット2(基礎+過去問講座+直前対策講座)】。

送料込みで40,280円でした。申し込みの時期的にキャンペーン価格で割引になってたようです。

現在はYoutubeでの講義やバーチャル講師なども加わり、56,800円〜89,200円まで4つのコースが用意されています。

アプリとかいらないよ!って人は、教材だけのシンプルな通信講座を選んでもいいですね。

スタディングの宅建士合格コースの受講料は18,500円。

なんでこんなに安いのかと思ったら、テキストは全てパソコンやスマホで見るオンライン形式だから。

講座の内容はビデオまたは音声講座・WEBテキスト・問題集・過去問集・13年分テーマ別過去問集。

しかも試験に合格したら、Amazonギフト券3,000円分のお祝いがもらえるって。これ嬉しいじゃん。

こんなに安いならコスパ重視で独学か迷っている人でも手が出しやすいのでは。

宅建試験の独学についてまとめ

なんだかんだと言いましたが、わかりやすくまとめるとこんな感じです!

【独学】
・安い
・自分との戦い
・独学でも合格はできる

【予備校】
・高い
・手厚いサポートと安心感

【通信講座】
・安くはない
・教材が充実していて勉強しやすい

独学でも試験に合格はできます。むしろどの方法で勉強しても合格はできます。

個人的には試験の1年前から通学するよりも、半年とか3ヶ月前からスタートしてスケジュールと自分を追い詰めた方が勉強に身が入るんじゃないかと思いますが。

性格や仕事・生活スタイルにもよるので、自分に合った勉強方法をよく考えてみて下さいね〜!

「宅建は勉強が大変そうだなぁ…」という人は他の資格を検討してみては。

資格Hacksでは簡単に取れる資格から稼げる資格まで紹介しています。