不動産投資の勉強

独学で宅建の資格は取れる!3ヶ月で合格した高卒主婦の勉強法と使用教材

宅建資格を独学で取得した主婦

宅地建物取引士の資格は人気です。

不動産業者は各事務所で5人に1人以上、宅地建物取引士の有資格者を設置する義務があります。

そのため、毎年多くの若手社員が試験を受けているのです。

また、不動産投資ブームによって宅建の資格を取る人も増えています。

かっしー
かっしー
宅地建物取引士の最も重要な仕事と言われる不動産の「重要事項説明」がある限り、なんだかんだでAI時代にも食いっぱぐれなさそうな気はします。

そんな宅建の資格は社会人が取得するケースが多いため、独学で取得したいと考える人も少なくないでしょう。

この記事では、資格学校に通わず2018年の宅建試験で合格した私が、どのように勉強したかを紹介します。

合格率や独学が向いている人などについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

宅建試験の難易度と合格率

宅建試験の難易度と合格率宅建試験の合格率は約15~17%です。

宅建の試験では相対評価という採点方式をとっていて、試験の受験者内での成績を比較し評価します。

つまり「○点取ったら合格!」のようなラインはありません。

合格の目安は50点満点中の35点前後。

約70%以上の正答率となります。

宅建試験の合格率

よく「宅建の試験は難しい」と言われますが、難関とされる司法書士試験の合格率はなんと約4%。

気象予報士も約4%、公認会計士は約10%なので、国家資格の中では割と難しくはない方なのです。

かっしー
かっしー
何年も試験に落ちている人もいますが、不動産会社に勤務していて「宅建の資格とってこ〜い!」みたいに言われたあんまり勉強していない人が大半だと思いますw

独学するメリット

独学するメリット独学の最大のメリットは、なんといってもお金がかからないことです。

資格取得のための学校に通った場合、授業料は通学する回数にもよりますが、 相場は12万円〜20万円<

資格学校の大手LEC東京リーガルマインドのパーフェクト合格フルコース(全58回)は133,650円、日研学院の宅地建物取引士本科コースは253,000円(税込)もします。

独学なら本を買うだけなので、10万円以上かかることはまずありません。

しかし、自分で勉強のスケジュール配分を考えて準備を進めなければいけないので、自己管理能力が必要です。

学校に通学すればスケジュールに沿って勉強すればよく、分からないことは講師に質問できます。

周囲の人と比較することでモチベーションも保てるといったメリットも。

時間とお金があるならば、資格学校に通学するのもいいかもしれません。

独学で宅建の資格は取れる?

独学で宅建の資格は取れる?

それではいよいよ本題です。

「独学でも宅建の試験に合格することができるのか?」というと、もちろん可能ですし思っているほど難しくないでしょう。

Twitterでは「1ヶ月に勉強始めて合格した」という猛者がゴロゴロいます。

そんな人がたくさんいるんだから、独学で試験に合格することも簡単でしょう。

勉強時間の目安

宅建の資格を取得するために必要な勉強時間は、300時間が目安といわれています。

すでに不動産業界で働いているような人は、もっと短い時間でも勉強できるでしょう。

逆に、普段勉強する習慣がない人や不動産についての知識がまったくない人は、300時間以上かかる可能性も当然あります。

私は約3ヶ月の間に平日2時間、休日はプラスアルファでもっと勉強していたから、300時間近くは勉強してたのかな〜と思います。

独学がおすすめな人

独学に向いているのは、以下のような人です。

  • すでに法律や不動産関係の知識がある人
  • 時間の管理が得意な人
  • 定期的に勉強する時間を取れない人

宅建の試験では、不動産に関することや法律に関する問題が多く出ます。

不動産業界で働いていて知識がある人、法律に関する資格を持っている人などはそこまで苦労せず勉強できるでしょう。

勉強のスケジュールを考え、自分で時間を管理できる人も独学に向いています。

そして、定期的に勉強する時間が取れない人は学校に通うのが難しいので、時間とコストを無駄にしないためにも独学がおすすめです。

宅建の資格を3ヶ月の独学で取得した私の体験談

宅建の資格を3ヶ月の独学で取得した私の体験談

私は2018年の宅建試験を受験して合格しました。

合格点数は37点、私の結果は38点とギリギリでの合格です。

ちなみに、私は不動産業界で働いた経験はなく、法律に関する知識も全然ありませんでした。

最終学歴は、埼玉県で中央値の偏差値の高校卒。

持っている資格は英検と漢字検定の3級、あとは普通自動車運転免許だけ。

自分で書いてて切なくなるくらい超普通レベルの人間です。

かっしー
かっしー
つまり、経験がある人や特別頭がいい人でなくても試験に合格できるってことです。

そんな私が、勉強の際に使った教材や合格するためにやったことを紹介していきます。

利用した教材

宅建通信講座の教材まずは使用した教材の説明をします。

私は、市販の書籍ではなく通信講座の教材を購入して勉強しました。

宅建の資格を取ることになったのは、2018年の7月も終わろうとしているころ。

仕事のために急に資格を取る必要に迫られ、「3ヶ月で合格できる」と書いてあったフォーサイトの広告を見て急いで申し込みました。

購入したのは、宅建・宅地建物取引士通信講座 <DVDコース> バリューセット2 2018年試験対策(基礎+過去問講座+直前対策講座)。

当時の価格は、税込で40,280円でした。

実践した勉強方法

宅建の学習方法

教材が届いたのは8月はじめで、試験は10月末と3ヶ月を切っていました。

そこで、2ヶ月くらいでテキストを読んで過去問を解き、残りの1ヶ月で苦手なところの復習・模擬試験をやることに。

最初はひたすらDVDを見ながらテキストを読みました。

試験まで時間がなかったから、1.5倍速再生で聞いてざっと内容を把握する感じで視聴。

DVDの講師の方が重要なポイントを教えてくれるので、マーカーで線を引きます。

かっしー
かっしー
講師の窪田さんの解説が、本当にわかりやすいんですよ。

1章分のテキストを読み終えたら過去問題集に挑戦し、間違えたところはテキストで内容を確認します。

1章ごとにこのサイクルを繰り返し、テキストとDVDをすべて見終わったら、問題集の間違えたところに再挑戦。

そして、テキストの内容をノートにまとめていきました。

内容が難しくてなかなか覚えられないところも多々あったのですが、ノートに書いているうちにきちんと理解して覚えられたのでおすすめです。

全体を理解できたら、計算問題や暗記系の勉強にも力を入れ始めました。

かっしー
かっしー
試験には計算問題が出るんだけど、電卓は使っちゃいけないんですよ!

すきま時間には、暗記カードやアプリを使って復習しました。

そして、模擬試験の存在を忘れていたため試験の1週間前に慌てて挑戦。

模擬試験の結果が33点だったのでかなり焦りましたw

模擬試験が終わったら間違えていたところのテキストを読み込み。

あとはひたすら自作のまとめノートを読む・アプリと暗記カードをやる、を繰り返しました。

ここまで読んでみなさんお気づきかと思いますが、そうなんです。

特別な勉強法でもなんでもありません。

「読む・覚える・理解する・問題を解く」それだけです。

ただし、自分でモチベーションを保つ工夫は必要だと思います。

朝早く起きて勉強、あとは移動時間や昼食の時間などをフル活用しつつ、息切れしないようにリラックスタイム(晩酌)もしっかり確保していました。

かっしー
かっしー
夫には「毎晩ビール飲んでたし、そんなに勉強しないで楽して受かったね」みたいに言われて心外でしたw

社会人や主婦の方はなかなか勉強だけに時間をゆっくり使えないと思いますが、根を詰めすぎずに頑張って下さいね!

通信講座(フォーサイト)のよかったところ

通信講座で合格宅建の合格証書

フォーサイトは、とても勉強しやすい教材です。

フォーサイトのここがよかった
  • 教材がフルカラーで見やすい
  • 講義動画の解説が分かりやすい
  • アプリですきま時間を活用できる
  • 過去問と模擬試験でテスト対策もばっちり
  • 直前対策のテキストで改正点などを確認できる

教材が見やすく、読んだだけでは理解できないところも動画講義の解説のおかげで解決できました。

アプリではゲーム感覚で問題を解けるので、時間や場所を問わずに使用できる点もよかったです。

テキストやアプリで勉強した後は、過去問と模擬試験で成果をチェック。

試験問題の雰囲気もつかめてよかったです。

試験の1ヶ月ほど前には直前対策のテキストが送られてきて、改正された法令などの最新情報を確認できました。

かっしー
かっしー
直前対策のテキストの内容がたくさん出題されたので、かなり助けられました!

会社の情報力を生かし、的確に再現した模試をつくることができるのも大手の会社のいいところですね。

現在はアプリやDVDに代わって、eラーニングシステムのManaBunで講義動画や音声の視聴、過去問題に挑戦できます。

2022年現在、フォーサイトのコースは59,800円〜69,800円まで3つあります。

かっしー
かっしー
アプリは市販されていないものなので、さまざまな教材の中でもいちおしのツールですね。

コースによって回数は異なりますが、無料メール質問も利用できます。

1人で勉強していると行き詰まることもあるので、このようなサポートは心強いですね。

もう少し安い講座を探している人は、STUDYingがおすすめ。

ビデオ講座やWEBテキストなどで勉強するオンラインコースなら、税込たったの19,800円で勉強できます。

STUDYingの無料講座を試してみる

宅建の資格は独学でも取れる!

宅建の資格は独学でも取得できます。

勉強時間の目安は約300時間です。

資格学校に通えば強制的に勉強する環境がつくられますが、自分ではなかなか難しいでしょう。

しかし、通信講座を使えば体系的に勉強できます。

市販の書籍よりは費用がかかりますが、効率よく勉強したい人にはおすすめです。

1年かけて資格学校に通学するよりも、試験の半年ほど前から通信講座の教材で勉強した方が、勉強に身が入るんじゃないかと個人的には思います。

性格や仕事・生活スタイルにもよるので、自分に合った勉強方法をよく考えてみて下さいね〜!